長時間座りっぱなしの姿勢や、猫背姿勢が習慣化して常にお腹が丸まっていると腸間膜がかたくなります。すると腸の動きが悪くなり、便秘がちに。便秘になるとお腹もポッコリしてきて、悩んでいる方も多いと思います。便秘も内臓脂肪もかたくなった腸間膜が原因。そこで腸間膜をやわらかくほぐせば、便秘も下腹ぽっこりも解消できるケアを紹介します^^

【便秘&下腹ポッコリ解消「お腹ぐるぐる回し」】

左右両方回しで刺激を与えることで、緊張している腸間膜を効率よくほぐすことができるのです。

★やり方★ 利き手を軽く握ってグーの形にして、お腹の左下にあてます。その上に反対側の手のひらをあてて、お腹に圧をかけながら、おへそを中心に反時計回りにお腹全体を10回さすりましょう。一度ゆるめて3セット行って。時計まわりも同様に。

 

【お腹全体のお肉を取る「お腹の前さすり」】

下腹だけでなく胃のまわりやウエスト周りのぜい肉も気になるなら、「お腹の前さすり」おなか前面のマッサージも加えてみましょう。

★やり方★ みぞおちにグーにした利き手をあて、その上から反対の手をあてます。手を押し込むように圧をかけながら、下腹部に向かってお腹の前面を上から下へ10回強めにさすりましょう。3セット行います。

便秘やぽっこりお腹に悩んでいる人がいたら、腸間膜を刺激する、こちらの2つのマッサージをぜひやってみてくださいね!