顔のゆがみやむくみが気になる、顔が大きく見える・・・と悩んでいる方も多いのでは?バランスのよい理想的な小顔を目指すには顔のケアだけでなく、全身からアプローチすることが大切なのだそう。小顔を目指すためのポイントとセルフケアを紹介します。

パソコンやスマホを使う時間が多い現代人は、首が前に突き出た「スマホ首」や猫背、さらには骨盤のゆがみなど、姿勢が崩れている人が少なくないそう。左右アンバランスな顔になり、むくみやデカ顔の原因になるといいます。

★「足指」と「額」がポイント★

まずは足の指を曲げたり伸ばしたりして、ストレッチすること。女性はヒールの靴をはくことでつま先や足裏が縮んだ状態になりがちです。夜寝る前に足指をストレッチして足裏までしっかりほぐすと、脚から上半身にかけてゆるみやすくなります。

額のマッサージ。眉頭に両手の人さし指と中指を置き、そのまま頭頂部まで指をすべらせます。次に眉の中央、眉尻からも同様に指を動かしていきます。軽く押すような感じで指を額につけたままスライドさせていくことで筋肉がキュッと上がり、リフトアップできるほか、目の疲れケアにも役立ちます。

こうして、体がゆがまないようケアしていくことで、小顔効果がアップするのはもちろん、じつはほかにもうれしい効果が期待できるそう。ぜひ、ゆがみをとり除くセルフケアを続けていきましょう!