きちんとケアしているつもりでも夏の肌ダメージは深刻。日差しが弱まったからといって安心してしまうと、老け顔を進行させてしまうかもしれません。夏の日差しが弱まったら、まずは夏のダメージを緩和するアフターケアが肝心です。

★肌荒れ★ 季節は秋なのに夏以上に肌のハリが低下し、くすんで見えるのも肌疲れが原因。刺激に負けないためには、まずはいつも以上に保湿を心掛け、肌のターンオーバーを正常化することが大切です。高保湿タイプのフェイスマスクや普段のお手入れにプラスワンアイテムで保湿力を高めてみましょう。

★シワ★ ある日突然現れるシワ。秋になって空気が乾燥し始めると、一気に細かいシワができやすくなります。部分的なケアはもちろん、肌全体の潤いを逃がさないよう、時間をかけてケアを行いましょう。

★毛穴★ 秋の始まりは、肌の疲労が一気に表面に現れて、急に毛穴が目立ち始めます。実は秋は毛穴が一年で最も目立ちやすい時期。古い角質などの毛穴汚れや角栓をそのままにしておくと、毛穴が黒ずんで目立つ原因にもなってしまいます。肌のターンオーバーを正常化するのを助けてくれる角質ケアアイテムで、しっかりケアしましょう。

★シミ★ 頑張って紫外線ケアしていたのに、秋になるとシミやくすみが浮き出てきたなんて経験はありませんか?夏に比べて気温が下がるので代謝が下がり、シミやくすみがいつも以上に目立ったように感じます。これを一時的なもので終わらせるためには、しっかりと肌を労わるスキンケアが必要になります。

うっかり老け顔を進行させてしまわぬよう、年齢が重なってくると気になるポイントケアの方法をおさらいしましょう^^