「前に比べて顔が大きくなった気がする」「フェイスラインのたるみが気になる」「横顔が老けて見える…」など、あご周りがもたついて二重あごになるとフェイスラインがなくなり太って見えたり、老けて見えることも…。そこで今回は二重あごを予防するフェイスマッサージ法をご紹介します。

マッサージオイルもしくはクリームを肌に塗布し、すべらせながらマッサージを行います。

(1)指の関節を使いながら、鎖骨の上下を内側から肩に向かってゆっくりと約1分間すべらすように流します。

(2)耳のつけ根を上から下に向かってイタ気持ちいくらいの強さで約30秒流します。

(3)両手のひらを首の側面に密着させて、耳の後ろ側から鎖骨に向かって約1分流します。

(4)親指をあご裏のくぼみに当て、フェイスラインに沿いながら耳たぶの後ろのくぼみまでゆっくりと1分間流します。

(5)指の関節を使いながら、少し顔をあげてあごからフェイスラインに沿いながら耳たぶの後ろのくぼみまで1分間流します。

(6)最後に手のひらであご~耳、首、鎖骨に向かって包み込むようにくり返し5回流します。

二重あごを予防するためには老廃物をため込まないこと、リンパの流れをよくしておくこと、こわばった筋肉をほぐしながらフェイスラインを整えるとすっきりとシャープなフェイスラインになりますよ。