いつまでも若々しくいるためには筋トレ!と思う人も多いのではないでしょうか。実は、顔も骨密度が低下するとシワやたるみの原因になってしまいます。たるみは、肌の組織が老化するだけが原因ではなく、肌を支える顔の骨も関係しています。今から予防しておくのが重要です。

【骨に刺激を与える運動骨トレ!】

(1)かかとを地面にドン!

両足をそろえて立ち、30度ほどつま先を開きます。両足のかかとを上げて、地面にトンと落とします。10回~20回、家事や仕事の合間におこないましょう。の付け根に負荷がかかり、骨への刺激になります。また、ふくらはぎの筋肉強化にもGood!ドン!と強くしすぎると、膝や腰を痛めてしまうので、弱めから始めましょう。

(2)体反らし

布団やマットの上にうつぶせになり、手を首の後ろで組みます。腰の後ろに手を置いてもOK。そのままゆっくり上半身を反らしていきます。胸が床から離れるくらいでOK。

(3)片足立ち

片足立ちを1分間キープします。両足おこなって、1日に3回。足の付け根や、大腿骨の骨量が増えるという報告もあります。さらに、バランス能力、加齢による転倒予防のトレーニングにもなります。

隙間時間で出来るので、試してみて下さいね。