日本人の果物消費量No.1を誇る「バナナ」。日本人にとって身近な存在であるバナナは、低カロリーで栄養バランスもばっちり。尿酸値改善などの健康効果が期待できるほか、睡眠の質も高めてくれるそうです。

じつはバナナには、「トリプトファン」とよばれるアミノ酸がたっぷり。トリプトファンは脳の中で「セロトニン」という睡眠誘導物質に変わり、睡眠を促してくれるそうです。

バナナはおいしいだけでなく、さまざまな健康効果をもたらします。たとえば熟したバナナには、血管の中で血液が固まる血栓の予防に効果的な「ポリフェノール」がいっぱい。黒い斑点「シュガースポット」が多く出ているバナナほどポリフェノールが豊富で、その含有量はぶどうのほぼ倍の量だそう。

そして、バナナには尿をアルカリ性に変えて尿酸値を下げてくれる働きもあるそう。

おいしいだけじゃなく、さまざまな健康効果が期待できるバナナ。気になる人は、ぜひバナナの健康パワーを体感してみては?