太った印象を与えてしまうのが『重あご』です。それほど太ってなく、若い人であっても、スマホ操作で下を向いてばかりいる、姿勢が悪い、表情筋をあまり使っていなければ、二重あごになる危険性があるので要注意です。顔ヨガで、スッキリしたフェイスラインを手に入れましょう。

【 あっかんベーでアゴの下のもたつきをストップ!】

舌筋(ぜっきん)を鍛える「あっかんべー」という顔ヨガです。

(1)口から息を吐きながら、舌を下に伸ばすようにして長く出します。息を吐ききったら、鼻から息を吸いながら、舌を口の中に戻します。これを5回くり返します。肩はすくめず、目線は下がらないように注意しましょう。

(2)あごの力を抜いて両手のこぶしでエラ周りをやさしく押しほぐすようにしながら、さきほどのあっかんべーをおこないます。あごの緊張がほぐれると老廃物が流れやすくなり、小顔効果もあります。

今回紹介した顔ヨガは、ふだん意識して使ってない舌筋を鍛えます。
舌の筋肉を鍛える感覚は分かりにくいですが、続けるうちに舌の動きがなめらかになり、滑舌がよくなります。唾液が出やすくなるので免疫がアップする、飲み込む力がつくなどの健康効果も期待できます。