目が大きいと、かわいらしく見えますよね。でも眼球の大きさは、それほど個人差がないもの。じつは、目の見え方を左右するのは、瞳を覆うまぶたにあります。まぶたも筋肉でできていますから、使っていれば開けるようになります。きちんと動かせるようになると、まぶたそのものが引き締まり、今よりも目が開くように。

【まぶたを鍛える眉上げ】

1、目を開き、手を上からまわし、眉の下に指を4本引っ掛けます。このとき、眼球は押さないようにして。

2、4本の指を上にすべらせ、おでこを引っ張り上げます。おでこを引っ張り上げると、まぶたも引っ張られ、目が開いてしまいますが、それに負けないようまぶたを閉じます。きっ抗する力で、まぶたがプルプルするのを感じましょう。

3、指を生え際まですべらせたら、ゆっくりと手を放し、同時に目をパッと大きく開きます。1~3を3セットくり返します。

【まぶたで瞳を押すでか目プッシュ】

1、目を閉じ、まぶたを引き込むようにします。まぶたで眼球を押し込むイメージです。

2、目をパッと大きく開いて5秒キープ。3セット行いましょう。

まぶたがぱっちり開けるようになると、瞳が大きく見え、表情も豊かに! 目のまわりの血行もよくなって、クマやくすみも解消するなどのメリットも。