冬と春に旬があるキャベツ。栄養や味にはどんな違いがあるのか特徴など紹介します。

3月から5月ごろにかけて、スーパーでも頻繁に見かけるようになる『春キャベツ』。やわらかくて甘みがあっておいしいですよね。ビタミンCやビタミンK、カルシウム、食物繊維のほか、うまみ成分であるグルタミン酸を含み、生でも加熱しても食べやすい便利な野菜で、美容にも嬉しい食材です。

【春キャベツ】全体は丸い球形で内部は黄緑色をしており、葉の巻きがゆるい。葉はやわらかめで、みずみずしい。サラダなど、生食に適している。生のままサラダで食べると、キャベツの鮮度や甘みをいっそう感じられます。葉がやわらかいので、気軽に食べられる即席漬けにしてもよいでしょう。

【冬キャベツ】全体の形は扁平で、内部は白く、葉はかたく巻かれている。葉1枚1枚がしっかりしておりかため。加熱しても煮崩れしにくい。肉厚のしっかりした葉で、加熱すると甘みが増すため、ロールキャベツ、ポトフなど煮込み料理に適しています。火を通すとかさも減るので、たくさん食べられるメリットも。

それぞれの特徴を活かして、おいしく味わい尽くしましょう。