寒い冬は温かいバスタイムが癒やしです。市販の入浴剤も良いけれど、身近な物が入浴剤になるんです!試してみたい『天然入浴剤』をご紹介します。

【みかんの皮】ミカンの皮には保温効果が期待出来ますよ。ミカンの皮にはリモネンという成分が含まれていて、それが肌の表面に膜を作り保温作用が働くんだとか。なんとその効果は約50分程度にも及びます!冷え性さんは、ミカンを食べたら試してみて。

1回分の量の目安は4~5個分程度。ザルなどの上に重ならない様に広げ、1週間~10日程天日干しして使います。ワックスがついている可能性があるので、皮を剥く前に洗っておくと◎。浴槽に入れる時は皮がバラバラにならない様、ガーゼなどに包んで下さいね。

【日本酒】血行を促進し、肩こりや腰痛などに効果が期待できます。体温が上がる事で新陳代謝がアップし、デトックス効果も。日本酒が美容に良いのは有名な話。美容目的で使うなら米麹から作られた『純米酒』を選んで!

38~39度のぬるま湯に日本酒を250cc程度日本酒を入れるだけ。15~20分、ゆっくりつかりましょう。ただし妊婦の方や授乳中の方は避けた方が無難です。アルコールに酔いやすい人は、日本酒の量を減らして様子を見ながら調整しましょう。元々血行が良い人は痒みが出る可能性も!

【牛乳】クレオパトラが好んでいたと言われる『天然入浴剤』。牛乳に含まれる成分により角質が除去されて、ツルツル・スベスベのお肌が期待されます。浮腫解消効果もあるので、浮腫やすい人は是非試してみて!

1回の入浴に使う牛乳は500~1,000mlぐらい。38~40℃のぬるま湯に入れるだけですよ。あまり熱いお湯に入れると、牛乳が傷んだり、匂いがキツくなってしまう可能性が!腐敗を防ぐ為にも入浴後は直ぐに流す様にして下さいね。

【紅茶】髪の傷みが気になる人に試して欲しいのが、紅茶風呂です。紅茶に含まれるタンニンが髪の内部にある隙間に入り込んで、傷んだ部分を修復してくれるのだとか。

お湯をはったら、紅茶のティーバックを3~4パック入れるだけ。使用済みのティーバックを使う場合は濃度が薄くなるから、多めに入れて下さいね。茶葉を使いたいという方は、お茶パックに入れるか、濃いめに煮だしてからお風呂に入れましょう。

まだまだ紹介したい『天然入浴剤』もありますが、今回は4つご紹介しました。