寒い季節が続き、肌の乾燥を感じやすいのではないでしょうか?その中でもひざまわりや足のすねがカサカサしてかゆい‥ひび割れて粉が吹くなんてことはありませんか?そうならない為におすすめするボディケア法をご紹介します。

(1)部屋の湿度を保とう

寒い季節は暖房器具が離せません。それらの暖房器具を使うことで気温や室度が高まりますが、同様に意識したいのが『湿度』。乾燥からお肌を守るためには部屋の湿度を60%にすることを意識しましょう。加湿器や水で濡らしたタオルを部屋に干しておいたり、カラカラに乾燥しないようにしましょう。

(2)インナーや直接肌に触れる素材は『綿』を意識しましょう

ナイロンやアクリル素材などの化学繊維が肌に直接触れると肌の水分を奪い、かゆみが起きやすくなります。そうすると無意識にかいてしまってかゆみや炎症の悪化につながるだけではなく、肌を傷つけてしまう原因になります。

(3)お風呂上りはタオルドライ+オイルケア

お風呂上がりや手を洗った後などは必ずタオルで水分を吸収しましょう。水分が残ったまま乾燥した空気に触れて放置すると、空気中に水分がどんどん奪われて肌が乾燥します。お風呂上がりはお湯を使うので余計に肌へのダメージが大きいので、化粧水をさっと塗った後にオイルを塗るのがオススメ。乾燥が強すぎてかゆみや粉が吹いている状態のときは油分だけではなく、水分と油分を補うことを意識しましょう。

(4)就寝前や外出する時はさらにボディミルクをプラス

オイルによって角質をやわらかくした後にテクスチャーのやわらかいボディミルクによって肌内部の保湿を長時間キープしましょう。

体の乾燥や手の乾燥といえばボディクリームを選びがちになりますが少しカサつく程度ならともかく、かゆみや粉が吹いているといった進行している状態は水分も油分も一気に低下している状態です。
そんなときは化粧水によって水分量を高めてからオイルやボディミルクといった肌に浸透しやすい油分を重ねることがポイントです。ぜひ参考にしてみてはいかがですか?