下半身がどっしりしている、太ももが外側に張り出している、O脚になっている。そんなお悩みを抱えているあなた。もしかして、重心を外側にかけてしまっていませんか?クセを直してほっそり美脚を目指しましょう。

外重心とは、足の内側が浮き、体の外側に重心がかかっている状態のこと。小さなころからクセになっているという方も少なくないはずです。普段の生活の中でチェックしてみてください。もし靴の裏側を見てみて、外側がすり減っている場合は外重心になっている可能性が大です!

【 外重心のデメリット 】

・太もも、ふくらはぎが外側に張り出す
・O脚になる
・内ももの筋肉が使われず、太ももが太くなる
・お尻の筋肉が使われず、お尻が垂れる
・体の軸が崩れ、バランスが悪くなる

★★★太ももをぎゅーっと!★★★

両膝を立てて仰向けになり、膝の間に厚めのタオルを挟みます。息を吐きながら、ぎゅーっとタオルをペタンコにするように膝同士を寄せましょう。5秒かけて行います。今度は息を吸いながら力を緩めます。この動作を、10回ほど行えば完了です。内転筋が使われているのを感じらるはずです。

ベッドの中でもできる簡単なトレーニングなので、ぜひ毎日取り入れてみてください。