季節が寒くなるにつれて、気になってくるのがかかとのガサガサやひび割れ。ストッキングがひっかかったり、素足を人に見られて恥ずかしい思いをしたり・・・なんてことはありませんか?

体のほかの部位に比べて、かかとは特にガサガサになりやすいと思いませんか。それには、理由があります。

★足の裏には皮脂腺がない ★かかとは角層が厚い

このガサガサになったかかとのケアで、やすりなどで削っている人も多いかもしれません。でも、それは『NGケアです。』それだけで刺激になり、角層がいっそう厚くなってしまいます。

かかとのケアにも、保湿が大切です。注目したい成分が二つあります。

【尿素】尿素には角質をやわらかくする効果があり、かかとのケアに向きます。ボディクリームやハンドクリームでもOK。ドラッグストアで手に入るので、使いやすいです。

【サルチル酸ワセリン】脂の膜で角質をやわらかくして、水分の蒸発を防ぐ働きもあります。角化症の治療に皮膚科でも処方されています。

【かかとケアを行うタイミングは、お風呂上がりがベスト】
角層が水分を含んでやわらなったところで尿素入りクリームやワセリンを塗り、ラップで押さえて靴下をはきます。寝るときはそのままで。数日ですべすべになってきます!

乾燥するこの季節!正しいケアで綺麗なお肌を作りましょう(^^)