しっかり寝ているのに疲れが取れない・・・こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?疲れが取れない原因は睡眠の質のほかに足りない栄養を補えていないことが挙げられます。そこで、今回は疲労回復に効果的な食材をご紹介いたします。

もしかすると『ビタミンB1』が不足していることが原因かもしれません。

ビタミンB1は栄養ドリンクや疲労回復サプリなど、疲れを取る効果を売りにした商品には必ず入っている栄養素で、そのくらい疲労回復には必須のものなのです。逆にビタミンB1が不足すると乳酸が溜まり、疲労感だけでなく吐き気や血圧低下を招きます。

【疲労回復に効果的な食品】

<ビタミンB1が多く含まれる食品>
・豚肉(特にヒレ肉とモモ肉)・うなぎ・レバー・きな粉・枝豆・納豆・大豆・玄米・ぬか漬け

これらの食材をにちょこちょこ朝昼晩で食べることで、疲労回復を狙ってみてください!

【エナジードリンクはかえって体を疲れさせる!?】

『疲れを取りたいなら、わざわざ食事をを意識するより、ビタミンB1のたくさん入ったエナジードリンクを飲んだ方が早いのでは?』と思う方もいるのではないでしょうか。実は、エナジードリンクを飲むと逆に疲れてしまうのです。

(1)エナジードリンクは恐ろしいくらい大量の保存料、人工甘味料、カラメル色素、安定剤が入った、健康とはほど遠い栄養ドリンクであることがわかっています。
これらの入ったドリンクを飲んで、疲労回復ができるとは到底思えません。

(2)エナジードリンクを飲んで元気になったような気になるのは、実はカフェインが含まれているからに過ぎないということです。カフェインには残念ながら根本的な疲労回復効果は期待できません。カフェインの覚醒作用によって一時的に元気になったような気がしているだけなのです。

手軽に取り入れて食生活から疲労回復をねらいましょう!