スマートフォンに触るときになりやすい『巻き肩』。猫背は背中が丸まってあごが前に出ている状態なのに対し、巻き肩は肩甲骨の間が広がり、肩関節が内側に入っている状態です。腕が前に出ることで胸筋や腹筋の筋力が低下し、バストの下垂やぽっこりお腹に・・・ダイエットの効率の妨げに!

【巻き肩改善に繋がるストレッチ】

一つ目は、肩から背中の中心にかけての僧帽筋(そうぼうきん)を伸ばすストレッチです。
(1)手をお腹の前で組み、大きく息を吸います。
(2)ゆっくり息を吐きながら、手を組んだまま前に伸ばし、自然に背中を丸めていきます。
(3)その姿勢のまま、背中の筋肉が伸びているのを感じながら、3回深呼吸をしてください。

続いては、タオルを使ったもの。
(1)タオルの両端を肩幅よりも少し広めに持ち、手を頭の上へあげます。
(2)頭の後ろ側をタオルが通るように、ゆっくりひじを曲げて上下に動かし、5往復させます。このとき、肩甲骨を意識しながら動かすようにしてください。

スマホだけでなくパソコンに向かう時間が長い方も、1時間毎にこれらのストレッチを行ってみるとよいでしょう。