紫外線量がもっとも多いと言われる7月〜8月ですが、今やUVケアは夏場のピンポイントだけではなく、年間を通して必要とされています。5年前、10年前と比べてお肌や髪の変化はありませんか?若さのヒントは、実は「頭皮」にありました。

日焼けから身を守るために真っ先に思い浮かべるのが日焼け止めクリーム。UV化粧下地やUVファンデーションなど、フェイス&ボディを重点的にケアしていませんか?意外にノーマークなのが頭皮の日焼け。お顔の印象にも関わってくるこの「頭皮」の紫外線ケアについて探ってみましょう。

【光老化!にご注意を・・・】

老化は加齢によるものだけではないんです。光老化(こうろうか)とは紫外線が肌の奥まで入り込み、細胞機能を破壊し、老化を早める恐ろしい現象です。肌の老化の80%は太陽光によるものだとも言われています。

【こんなトラブルはありませんか?】

髪質は人によって違うので個人差はありますが、普段より抜け毛や切れ毛の量が多くないでしょうか。抜け毛の状態も観察してみてください。

紫外線を浴びた頭皮は乾燥しハリや弾力を失わせ、『お顔のシワやたるみ』を引き起こしてしまいます。

【日焼けから頭皮を守る方法!】

日焼け止めには様々なタイプがありますが、頭皮に使用する場合は『スプレータイプ』が比較的使いやすいです。紫外線は天候の晴れや曇りに関係なく存在するものです。外出の時は『日傘』を使いましょう。

頭皮が紫外線を浴びる量はお顔の3倍とも言われています。夏場の『帽子』はムレも気になりますが、紫外線によるダメージ回避に上手に活用したいところです。

若々しく年を重ねるために、頭皮ケアでアンチエイジングを叶えましょう