内ももが痩せない」「いつも疲れるのは外ももばかり」「と悩む方、もしかしたら骨盤の傾きが原因かもしれません。今回は、内ももが痩せにくいと悩む方にオススメのヨガ「フロッグポーズ」をご紹介します。

内ももだけが痩せない方の原因として考えられるのは、「股関節の内旋」。特徴としては、「反り腰」「腰痛」「外ももの張り」「内ももの贅肉」を主な悩みとして抱えていることが挙げられます。

【 簡単1分ヨガ!『フロッグポーズ』】

フロッグポーズは膝に負担がかかるため、膝に痛みがある方はお控えください。また、厚めのヨガマットがあると良いです。なければ薄いヨガマットを折りたたんで使ったり、複数枚ある方は重ねて使いましょう。それでも痛いという方は、ブランケットを重ねると軽減されます。

マットの上で四つん這いになり、膝をできるだけ広めに開いていきます。このとき、痛みを感じる幅まで開かず、心地よく呼吸できる程度の幅で調整しましょう。時間が経つごとに、重力で伸びが深まっていくのを感じながら、そのまま1分間呼吸を続けます。

ポーズに慣れてきたら、徐々に肘をついて重心を落とし、さらにポーズを深めてみましょう。まだ余裕があれば、両手を前に歩かせて上半身をべったり寝かせて深めてもGOOD。

★☆★内モモが硬い方はまずは伸脚から★☆★

普段内ももの筋肉をあまり伸ばさない人が急にフロッグポーズの練習をすると、痛みが走る場合があります。まずは伸脚で内ももを伸ばすことを始めてみましょう。

骨盤の傾きが改善されるだけで日常的に使う筋肉が変わり、脚のラインがみるみる変化していくことも。股関節が内旋している方にオススメの、1日1分でできる骨盤調整ヨガ「フロッグポーズ」ぜひお試しください!