自分が普段から目にする身体のパーツは、きちんとケアしているという方も多いと思いますが、目につきにくいところはどうですか?例と言えば「ヒジ」!

何気なく腕をまくった時に意外と見られているパーツでもあるので、全然ケアしていないという方は、一度鏡でじっくりチェックしてみて下さい。乾燥する今の季節、意外と黒ずんでいたりしているかもしれません。今回は「脱・黒ずみヒジ」そして「つるつるヒジ」を手に入れる方法をご紹介します!

【 黒ヒジをすべすべに♪簡単3ステップ 】

ヒジの黒ずみの多くは摩擦や紫外線、圧力によるものがほとんど。しかし、乾燥を防ぐためにとにかく保湿だけしておけばいいという考えは大きな勘違い!黒ずんだヒジをキレイにする3ステップはこちらです。

(1) ヒジの皮膚を柔らかくする

保湿クリームなどをいくら塗っても、皮膚が柔らかくなければ保湿効果は得られません。まずは皮膚表面の古い角質を取り除くケアから始めましょう。

週に一回、スクラブ剤やピーリング剤を使って皮膚表面の角質を溶かし、遅くなった肌のターンオーバーを正常サイクルへと導いてあげましょう。また、顔と同じ化粧水でいいので、ヒジにも毎日パッティングして角層を潤いで満たしてあげる習慣を!

(2) 保湿で黒ずみ対策・予防

ヒジの皮膚が柔らかくなったところで、ようやく保湿クリームの出番です。ヒジの皮膚は乾燥しやすいので、美容成分より「油分が多めで保湿効果の高い」クリームを使うといいでしょう。お肌が敏感な方は、精製度の高い白色ワセリンを使えば、肌の潤いを保ちつつ外部刺激から皮膚を守る働きをしてくれるのでオススメです。

(3) 美白ケアで黒ずみを改善

保湿ケアも大切ですが、それと同時に美白ケアも行うとヒジの黒ずみを早く元に戻すことができます。メラニンの生成を抑える「ハイドロキノン」や、肌代謝を促すビタミンA誘導体「トレチノイン」が有名です。

ヒジは皮膚に厚みがあるので、正常にターンオーバーをしている方でも改善が見られるまで1ヶ月以上かかると言われています。肌にとって不要なものを取り除き、必要なものを補給するケアを根気よく続けてみましょう!