日頃はなかなか「体幹」を意識する機会って少ないのではないでしょうか?

体幹が弱いと姿勢が崩れ、太ももやふくらはぎに全体重が乗っかり、スタイルが悪く見える原因に!そこで今回は体幹をきたえつつ、全身を引き締めるヨガのポーズをご紹介しますね!

【 ドルフィン・プランクポーズ 】

(1)壁の前で四つん這いになり、両肘から手の平まで床につけます。足は腰幅に開き、肘の真上に肩、膝の真上にお尻がくるようにしたら、爪先を立てます。

(2)片足ずつ後ろへ引いて膝を持ち上げ伸ばします。目線は床に向けましょう。余裕があれば手を合わせ、5呼吸キープしましょう。

(3)膝を曲げ、手のひらを床に着き、四つん這いに戻ります。

★☆★ ポイント ★☆★

・辛い場合は(2)で合掌せず、りょう手の平を床に着けたまま行い、ポーズに慣れていきましょう。楽にポーズがとれるようになってきたら、合掌にもチャレンジしてみて下さい。

・体を前後に引っ張り合うようなイメージでキープすると、体が軽く感じられます。

体幹を鍛えることで、体のバランスが良くなり、脚にかかる負担も軽減できます。下半身痩せしたい方や、太もも・ふくらはぎの逞しさが気になる方は、直接脚のケアをすると同時に、体幹を鍛えることをオススメします!