【辛いものが食べたい時】

「ストレスが溜まっている」事が多いと言われています。刺激が強いものを食べることでイライラな気持ちなどを紛らわそうとしているのかもしれません。実際、辛いものは脳を活性化させてストレスを抑制したり、体の代謝を上げる効果があると言われています。食べすぎは胃腸への負担も大きいので、ストレスを和らげるビタミンCを摂るのも1つの方法です。

【酸っぱいものが食べたい時】

「身体が疲れている」可能性大!酸っぱいものにはクエン酸や酢酸などが含まれており、疲労回復を手伝ってくれる働きがあります。摂りすぎは胃腸の負担が大きいので注意しましょう。

無性に食べたい味があるときは、身体に足りない栄養素があるサインです。バランスよく栄養補給してあげましょう(^^)♪