ヨーグルトの健康効果は様々。腸内環境を整える乳酸菌が含まれる代表的な食品としておなじみですね!しかし、それだけではありません!乳製品の「ヒスチジン」は食欲を抑制してくれる効果があるのです。

さらに、ストレスを緩和し、ダイエットと若さの別名「幸せホルモン=セロトニン」の生成を助けます。

毎日でも食べたいから、ヨーグルトは無糖タイプがベター。特に、バナナやナッツ類と一緒に食べるとセロトニンの生成を促進させますから、朝や昼には最適です。空腹感やイライラを防ぎますよ!

どうしても甘いものが欲しいときは、プレーンヨーグルトにきな粉をプラス。大豆製品でココにもヒスチジンが含まれていて、食欲を抑制させてくれます。食物繊維も豊富なので、血糖値の上昇も防いでくれます。

同じ乳製品の牛乳には、ヨーグルトほど整腸作用はありません。甘いデザートとして、満足させてくれるという意味でも女子の味方ですね♪