朝起きた時の身体の状態やお肌のコンディションから、私たちはその日の体調の良し悪しを判断しています。実は「舌」でも判断できるんです!!!舌の色や形、表面についている舌苔の状態などから、自分の体調を推測していきます。

☆★☆淡い赤色が健康的な舌☆★☆

舌先は心臓や肺、中央は消化機能、側面は肝臓や胆のう、奥は腎臓といった、内臓の病変などを見る手がかりになるそうです。

〈舌の色〉

白っぽい:疲れやすく、体力があまりない・血が足りない・胃腸が冷えている

青紫色:血流が悪い・青みが強ければ冷えによる血行不良

〈舌の形と状態〉

大きく腫れぼったい:疲れやすく、体力があまりない・冷え・舌の淵に歯型がついて波打っている場合は、水分代謝が悪く、むくんでいる状態

小さく薄い:血が足りない・身体の水分が足りない

〈舌苔の色と状態〉

白:冷え・体調不良の恐れが体表にある

黄色:熱がある・食べ過ぎ・体調不良が体内にある

黒:体調不良になる可能性が高い・抗生剤の長期使用の影響など

剥落(ところどころ剥げている):胃腸の機能が弱っている・免疫力が弱まっている

セルフチェックする時は毎日同じ場所、同じ時間、食後は避けて行ないましょう。

参考にしてみては\(^^)/