ふと自分の顔を見たとき、老けたなぁと感じることはありますか? 最大の原因は、紫外線とストレスによるホルモンバランスの乱れが原因と考えられます。

1、高すぎる枕で寝ている

一般的には”寝ている状態でも、立っているときと同じような姿勢”と同じような姿勢でいるのが好ましいと言われています。 枕が高すぎると、このバランスが崩れて、疲れが取れにくくなり、目覚めが悪くなってしまいます。美容面では、首のシワ・ほうれい線・リンパの滞りなどにも多大な影響を与えます。一度 枕の高さを見直してみるといいかもしれません。

2、メイクをしたまま寝てしまう

メイクをしたまま寝ると言うのは肌に悪影響しか及ぼしません。どんなに疲れていたとしても、メイクは必ず落とすことを習慣にだけはしましょう。 肌の老化を早めるだけでなく、シミ・くすみなども目立つようになってしまうので気をつけましょう。

3、お湯の温度にも配慮すること

熱いお湯での洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまうので、肌が乾燥してしまいます。これが肌の老化を進めてしまう原因というわけです。また、シャワーで顔を洗っているという人もいると思うのですが、たるみのもとになるのでNGです。