ひんやり冷たいアイスは夏に限らず美味しいもの。ついつい手がでてしまう人も多いはず…

食べ過ぎは当然肥満の原因になりますが、選び方にさえ気を付ければダイエット中の方でも大丈夫なんです。

アイスの種類をチェック!

★アイスクリーム 乳成分がもっとも多いのが”アイスクリーム” そのためカロリーも高くなりやすい傾向にあります。

★アイスミルク やや乳成分が抑えられたタイプの”アイスミルク” そのかわり植物性脂肪が配合されていることもあるアイスなんです。

★ラクトアイス 風味をだす為植物性脂肪が多く使われます。脂肪が多い分カロリーも多くなりがち。

★氷菓 主に果汁を凍らせたりと、脂肪分が少ないのでカロリーが最も低いものが多いのが”氷菓”です。

100gあたりのカロリーでみると、氷菓<アイスミルク<アイスクリーム<ラクトアイスの順でカロリーが高くなります。

実は”アイスクリーム”もオススメ!!

一見カロリーが高いアイスクリームですが、良質な乳脂肪であり、栄養的にも優れているんだとか。そのほかにも皮下脂肪や内臓脂肪を抑える効果があるそうです。 特にバニラアイスクリームに含まれる成分の中には肥満を抑制する作用があるそうで体にたまりにくいと言われているそうです。 実は1番ダイエット向きかも!

冷たさが魅力のアイスですがもちろん食べ過ぎはNG!内臓の温度をさげて消化器官の低下や、代謝が下がって逆効果になってしまいます。食べた後は温かいお茶をのむなど工夫して、今年は夏の醍醐味であるアイスを堪能しちゃいましょう。