お肌のターンオーバーは一般的に28日ってよく聞きますよね。でもそれは20歳までなんです。 30代では40日、40代では55日にもなります。ちなみに10代は20日と言われています。

そもそもお肌の周期が早いとどうなるのでしょう。反対にに遅いとどうなるのでしょう。

★ターンオーバーが早い人

ニキビや傷など後が残りやすくなります。角質層の質が不安定なまま表面の皮膚と生まれ変わるので、バリア機能が弱く肌トラブルがつきまとってしまいます。 肌トラブルが多い人はターンオーバーが早くなっている可能性があります。

思春期ニキビなどに悩んでいる人は、洗顔やピーリングなどターンオーバーを早めてしまうことは避けてぬるま湯で優しく洗い、保湿するだけでお肌は整ってきますよ。

★ターンオーバーが遅い人

年齢にあった周期であれば問題ありません。しかし年齢より周期が遅いと少し問題ですね。

いつまでも古い角質が皮膚を覆っているということは、それだけ肌をくすませているということ。たっぷりと睡眠をとり、週に1度はスペシャルケアとして軽いピーリングなどで角質ケアしましょう。

年齢以外にターンオーバーを遅らせてしまう原因として紫外線を浴びること、夜更かし、メイクがしっかり落とせていないことなどが挙げられます。

自分の肌周期を見直して、せめて周期が遅れてしまわないように美肌を目指しましょう。