さつまいもは、ご存知のとおりイモ科で炭水化物なので、糖質を多く含んでいます。なので、食べ過ぎると糖質が原因で太りやすい方は、簡単に太ってしまいます。

でも、さつまいもを食べる量を少なくすれば、おやつに適した食べ物になるんですよ。

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれています。なので、少し食べるだけでも腸に食物繊維がたまるので、空腹を満たすことができますし、さつまいもに含まれる糖質のおかげで、血糖値を一時的に上昇させますので、さらに満腹感を感じやすくなるんですね。

また、さつまいもには、ビタミンB1、ビタミンE、カリウムなどが含まれているため、脂肪を燃焼させた代謝を上げ、むくみを解消する効果もあります。

とういうことで、小腹がすいた時には、さつまいもを少しだけ食べて、空腹を満たしてダイエットに役立ててみましょう。

ちなみに、食事の時間が近くなってからさつまいもを食べると、逆にその後の初k字で太りやすくなりますので気を付けてください。