★呼吸を意識してみよう★

春は暖かくて、気分も外に向くことも多い季節ですね!
ただ、気候の変動が激しいため、
実は1年で最も自律神経が乱れやすい季節でもあります(^^;
ホルモンバランスも崩れやすく、
女性の身体には様々な不調が現れてしまいます。
自律神経の乱れは代謝の乱れとかかわっていますが、
深く呼吸することで改善可能なので、
是非やってみてくださいね!!

●呼吸が浅いとどうなる?●

呼吸が浅くなっている時は、自律神経のうちの
交感神経が過剰に働いています。
その状態が続くと、スムーズに寝付けなくなったり、
血行が悪化して冷え症や低体温になったり、
頭痛、胃腸障害等が現れたり…
イライラや不安を感じてリラックスできなかったりします。

●腹式呼吸をしてみよう●

寝ている時に自然に行っているのが腹式呼吸です!
一般的なヨガも、この腹式呼吸をしながら行います。
腹式呼吸するとセロトニンが分泌されて、
気分が上がったり、心身の緊張がほぐるため、
質の高い睡眠がとれたり、イライラや不安感がしずまったり…
血管が拡がり、末端まで血が巡るので、冷えや低体温が解消されたり
酸素をたっぷり取り込むことができるため、
内臓の血行もUPし、内臓脂肪が燃える!なんてこともあります。
このほか、腸が刺激されたり、全身の細胞に酸素が行き渡るため、
美腸&美肌効果も期待できますよ(^^)

●腹式呼吸のやり方●

1:仰向けになって、おへそ付近に手をあてる。
  全身をリラックスさせましょう!
2:鼻から息を「すーー」と4秒かけて吸いながら、お腹を膨らませる。
3:口から(できる人は鼻から)5秒かけて息を吐きながら、お腹を凹ませる。
4:最後に残った息を「ふーー」っと吐き切る。1~3を3回繰り返す。

本来は、鼻から吸って鼻から吐くものなので、
慣れてきたら切り替えましょう!
眠る直前に行うのが一番オススメです!
立って(座って)できるようになったら、
休憩時間や緊張をほぐしたい時に取り入れてみましょう!!

●胸式呼吸をしてみよう●

普段女性の多くは、胸(ろっ骨)を開閉する
胸式(きょうしき)呼吸をしています。
なぜなら、子宮などの大切な器官に負担をかけないためだとか。
ピラティスで行うのもこの胸式呼吸です。
上半身や体幹部のインナーマッスルが鍛えられる為、
姿勢改善や基礎代謝UPなどに繋がりやすいです!

●胸式呼吸のやり方●

1:背筋を伸ばして(=骨盤を立てて) あぐらで座り、
 左右のろっ骨に手をあてる。
 おへそを背中方向にひっこめるイメージで腹部をペタンコにし、
 鼻から息を吸いながら胸を膨らませる。
 手のひらでろっ骨が開くのを感じ取って下さいね。(4秒間)
2:口から「ふーー」と長く息を吐きながら、ろっ骨を閉じる。
 この時、お腹はペタンコのまま。(5秒以上)
3:息を吐き切ったら、1~3を5回繰り返す。
 凹ませたお腹を緩めないよう意識し続けましょう!
 慣れてきたら、鎖骨や背中上部に手をあてて、
 空気の出入りを感じてみてくださいね。
 ろっ骨が柔軟になるので、有酸素運動の前にやるのも良いです。

●口呼吸?鼻呼吸?●
朝起きた時、喉にかさついていませんか?
口呼吸してしまっているかどうかは、
舌の位置で簡単に見極めらるんです!
舌の先端のあるべき位置は、上の前歯のすぐ裏!なんですが…
口呼吸をしている人は、舌の先が下前歯の裏まで下がっています(^^;

口呼吸すると口周りの筋肉やあごの発達が妨げられ、歯並びが悪化したり
病気の原因となるウィルスや花粉などが、直接喉に付着してしまったり
いびきや口臭の原因になったり…
口周り、頬、アゴの筋肉が衰えるので、
フェイスラインがたるみ、二重あごになりやすくなってしまいます!

正しい呼吸法を覚えるだけで、体質や心の状態だけでなく
、姿勢や顔の歪みまでも改善されりもするので、
是非、正しい呼吸法でお過ごし下さいね!!