★ナッツ類の効果★

みなさんはおやつ等、間食は何を食べますか?
お菓子はカロリーも気になったりしますよね(^^;

そこで、間食にオススメな食品として「ナッツ」はいかがでしょうか?
なぜなら…

1:腹持ちがよい
ナッツの主成分はたんぱく質や食物繊維なので、
血糖値が上がりづらく、ゆっくりと吸収されます。

うどんなどの麺類とは真逆で、吸収が遅いからこそお腹に溜まりやすく
食べたあとでお腹が空きづらいのですね。
そうすると、余分なカロリーを摂取することを防ぐのです。

2:ミネラルが豊富

カリウムや亜鉛、カルシウムにリン、鉄など
様々なミネラルが含まれています!
これらのミネラルは脂質の代謝を助けたり、
血液中の糖分を熱に変える働きをするので
ダイエットにも非常に有効な効果をもたらしてくれちゃいます!

3:ビタミンEも豊富

ナッツにはミネラルだけでなく、ビタミン類も豊富です。
とくにビタミンEの効果には要注目で
血液の中のコレステロールを排出して、
老廃物が溜まりづらくしてくれます。

このビタミンEは特にアーモンドに多く含まれており
その含有量はなんとアーモンド20gで
1日の必要量の70%に届きます。

またビタミンEにはホルモンバランスを整える効果もあるので
食事制限などでホルモンバランスが崩れがちな
ダイエット時には必須の栄養素となります。

4:コレステロールを下げる

抗酸化作用がナッツにはあります。
ナッツに含まれるファイトケミカルがコレステロールを低下させて
血管の中に作られた血栓を溶かしてくれるのです。

これはダイエットへの効果だけでなく、
生活習慣病の予防という面でも大きな効果を発揮しますよ(^^)

5:菓子より低糖質

間食として食べがちなお菓子と比べても、糖質が低いので
太りづらい間食としてもナッツはオススメです。

おなじ100gのスナック菓子と比較しても
スナック菓子の糖質が50g前後なのに対し、
ナッツは16g前後と半部以下なのです。

ただしこれはナッツの種類によって変わってきて
糖質でいうとマカデミアナッツやクルミは少なく
カシューナッツは糖質多めという特徴がありますので、
種類には気をつけましょう!!

さいごに…
いいことだらけのナッツ類ですが食べ方には要注意!

脂肪分も多く含まれているので
食べ過ぎてしまうと逆に太る原因になりかねません!

1日あたり200kcal、
だいたい手のひら一掴み分くらいを目安にしましょう!
また、塩分を考えると素焼きのナッツがオススメですよ(^^)