千葉 海浜幕張・稲毛《女性専用サロン》足先から頭まで全身を、しっかりアロマオイルでリンパマッサージ!肩こり・腰痛・むくみ、はお任せください♪
ブログ

☆投薬は最も手軽な花粉症対策☆

 

  ★投薬は最も手軽な花粉症対策★

 

花粉症対策として最初に取り入れやすいのはやはり薬を利用するものでしょう。

花粉症の薬はひじょうに多くの商品が各製薬会社から販売されており、花粉症初心者としてはまずその選択で悩んでしまいます。

このような場合にはむやみに売薬に頼らずに、きちんと医師に相談して最適と思われる薬を処方してもらうのが一番です。

花粉症対策の薬は大きく分けて「メディエーター遊離抑制薬」、「抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)」、「ステロイド薬」の3種類に分類されます。

いずれの薬においても経口薬、点鼻薬、点眼薬などがあります。

これらの花粉症対策の薬にはどれも一長一短があります。

そのため自分の症状にあった薬を選択するということが最も重要なポイントとなります。

まずメディエーター遊離抑制薬は、花粉が体内に入ってしまった際に、肥満細胞からヒスタミン、ロイコトリエンといった成分が出てくるのを抑える働きのある薬です。

このタイプの薬は服用をはじめてから充分な効果を得るまでに1~2週間かかるため、花粉の季節が訪れる少し以前から服用することが肝心です。

次に抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬と呼ばれるものは、ヒスタミンの作用を先回りしてブロックするなどの働きがありくしゃみ、鼻水、鼻づまりの花粉症の3大症状に対してひじょうに効果的に効き目を表します。

しかしこのタイプの薬は服用後に眠くなるといったデメリットがあるため、車の運転をする人や、服用後にも仕事を続ける人などにはあまりおすすめできません。

抗アレルギー薬は点鼻薬や点眼薬としても多くの種類が販売されています。

ステロイド薬はとかく問題のある薬として、しばしば週刊誌や新聞などのメディアで論議されていますので、ご存知の人も多いと思います。

ステロイド薬は炎症には他の薬ではマネができないような素晴らしい効果を発揮しますが、医師の適切な指示の元に使用しなかった場合には特有の後遺症が残るリスクがあります。この他花粉症対策の薬としては血管収縮剤なども用いられます。

炎症を起こしている鼻の中の粘膜の血管を収縮させることで、鼻の通りを良くしてくれます。

 

以上☆投薬は最も手軽な花粉症対策☆でした!!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP