千葉 海浜幕張・稲毛《女性専用サロン》足先から頭まで全身を、しっかりアロマオイルでリンパマッサージ!肩こり・腰痛・むくみ、はお任せください♪
ブログ

☆3時間しか寝られない!そんな時・・・☆

 

3時間しか寝られない!そんな時・・・

睡眠には、疲労が溜まった心身を修復する大切な役割があります。

皆さんもよくご存じかと思いますが、睡眠不足はお肌の大敵。

疲れやストレスから、男性ホルモンの分泌が盛んになり、脂性肌に傾き、テカリ肌やニキビ肌の原因になります。

さらに、細胞の再生を妨げ、肌のターンオーバーが乱れ、くすみや肌荒れの原因にもなるのです。

「とはいえ、忙しいときは忙しいんですよね……」というのが働き女子の実情ですよね。

そんなあなたにお薦めなのは「就寝前のアミノ酸」。

アミノ酸を摂ることで、眠りの質がぐんと良くなります。

睡眠時間(量)は増やせなくても、その分眠りの質を上げてあげるということですね。

特に、アミノ酸の中でも「トリプトファン」がお薦め。

トリプトファンは必須アミノ酸です。

体内で生成できないので、食事などから摂取しなくてはいけません。

食品だと鶏肉やバナナ、牛乳などから摂れます。

トリプトファンを摂ることで、「セロトニン」という物質が脳内で作られます。

脳内の興奮や神経の高ぶりを抑え、心地よい気分にしてくれるのです。

精神的にもリラックスできると言われています。

セロトニンの分泌を促すことで、脳の松果体から、今度は「メラトニン」という眠りを誘うホルモンが分泌されます。

これで、より良い睡眠が取れるというわけですね。

摂取する食べ物としてバナナを挙げましたが、バナナはアミノ酸の摂取だけでなく、精神を落ち着けるマグネシウムを含有しています。

睡眠を誘うビタミンB6も含まれるので、さらに睡眠を助けてくれるでしょう。

「お腹が減って眠れない」「頭が冴えて眠れない」ときは、トリプトファンを多く含むホットミルクを飲み、バナナを1本食べる。これだけで十分効果はありますよ。

また、必須アミノ酸ということですと、卵がお薦め。残業中に小腹が減ったときなどにゆで卵や卵サンドを食べるのもよいですね。

アミノ酸の吸収といういみでは、生卵より加熱したものがベターです。

もちろん、深夜に飲食をすることは胃に負担がかかることなので、就寝2時間前には食べ終わっているのが理想ですね。

食事での摂取が難しいときはサプリメントもお薦め。

アミノ酸の種類がたくさんあって、どれを購入して良いのか迷ったときは、先ほどからお話をしているトリプトファンを基準に。トリプトファンの含有量が多いものを選んでください。

これから年末に向けて忙しい女子のみなさん。

明日に疲れを残さないためには、脳をしっかり休息させるのが大事。心身の疲れを取るには、短い時間でもぐっすりと質の良い眠りを摂りましょうね。

 

以上☆3時間しか寝られない!そんな時・・・☆でした!!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP