ますます冷え込んできた今日この頃…

体の冷えを感じませんか???

 

まずは毎日口にする食べ物から見直してみると良いかもしれません。

胃や腸などの消化管内では、消化が行われる際に入ってきた飲食物を温めることによっても熱が消費されます。

このため飲食物の温度も体の「冷え」に大きくかかわってきます。

そこで、この冬に食べたい食材をご紹介したいと思います!!

 

★いつもの食材にプラスしたい薬味★

 

ねぎ
 

ねぎ特有の辛味成分に【アリシン】があります。

血行を良くし、体を温めてくれます!

葉の部分にはカロチンやビタミンCも含まれているので風邪予防にも効果的★

 

しょうが

辛味成分であるジンゲロンやショウガオールは発汗を促してくれます!

冷え以外にも風邪の初期症状の緩和にも役立ちます!

 

とうがらし
カプサイシンといわれる成分に体を温める効果があります。
カプサイシンには毛細血管の血液循環をよくする働きがあります。
また、とうがらしは皮下脂肪の代謝をそくしんさせる為、肥満防止にも使われます。

 

 

★すすんで摂りたい野菜★

かぼちゃ、たまねぎ、にら、にんにく、かぶ、ごぼう、だいこん、

白菜、赤ピーマン、ゴマ、山芋、小豆、もち米など。

根菜類や色の濃い野菜、北の地方でとれるもおすすめです!

果物だとりんごやもも、ぶどうなど。

調味料だと、味噌や明太子などの塩気が強いものもおすすめです!

 

 

★飲み物★

紅茶、ココア、中国茶、ハーブ茶

逆に緑茶、コーヒーなどのカフェインが多いものは体を冷やしてしいます。

 

 

できるだけ温かいものを食べて、寒い冬を乗り切りましょう!!