「中国医学」は紀元前数千年以上も前から研究され発展していった東洋医学です。
中国最古の王朝商(殷)の時代から医学理論は登場し、記録にも記されています。
薬湯、漢方等の食物による健康と美容は、始皇帝を始め世界三大美女と謳われる楊貴妃や西太后等の権力者達によって発展しました。
楊貴妃の好物といわれているライチも体を温め血行を良くし、貧血を防ぐ事から「美の果物」とされ、シルクロードを超えて遠方から運ばせていたと言います。