リフレクソロジーの考え方では、人体を頭の天辺から爪先までを縦に割って10個のゾーンに分割し、そのゾーンごとに対応する場所を圧迫する事により対応する箇所を反射区として捉えます。
反射区を刺激する事で各部位に対応する器官が活性化されます。また、体の調子を整え健康を促進する働きを促します。

現在、リフレクソロジーは「癒しの医学」のマッサージテクニックの一つとして定着している一方、施術者は人体について勉強をし、指圧した際の作用などについても深く知っている必要があります。