マッサージは主に循環器の機能を意識して行われます。
マッサージは血液やリンパ液の流れを良くする事で病気を防ぐのです。
心臓付近はその働きによって血液やリンパ液の働きが活発なので、心臓から遠い足から順にマッサージ。
一方、オイルマッサージは足の血液、リンパ液を心臓に戻す様に下から上に滑らせます。