アーユルヴェーダはインドの言葉で「生命の学問」という意味を持ちます。
心、体、行動や環境等を重視した病気になってから治すのではなくそもそも病気になりにくい体を作る事を目的とした療法です。

「アビヤンガ」とよばれるオイルマッサージやオイルを使わない「ガルシャナ」と呼ばれる乾布摩擦、事療法などが挙げられます