かっさは2500年も前から中国で伝承されてきた民間療法の流れをくむ美容法です。1980年代に呂季儒によって、西洋医学を採り入れた現代的なかっさ療法が確立されました。

かっさは専用プレートやレンゲを使って行います。肌をこすって血行やリンパの流れを促進するのです。

これを中医学的に説明すると、肌をこすり経絡やツボを刺激することで、気・血・津液の流れを改善し、体内臓器のバランスを整えていく、となります。

その結果、体内毒素や老廃物をスムーズに排出できると考えられています。つまりかっさは、まさに東洋版のデトックス(解毒)効果が期待できる美容法なのです。

期待できる美容効果は、目に見えるもの、目に見えないものさまざまあります。