「刮(かつ)」という字には削るという意味があり、「痧(さ)」は滞って動かなくなった血液を示しています。

つまり、かっさは「肌をこすることで滞っている血液を刺激し、滞りをなくす」療法です。

かっさは、専用のプレートや中華料理でおなじみのレンゲを使って不調を感じる部分を刺激することから始まります。

刺激によって肌の表面に血液の毒(滞り)を浮き上がらせると同時に、血流やリンパの流れが促進されることで、老廃物をスムーズに排出することができるのです。