★原因あ患部だけにあるわけではない★

病気や不調をかかえると、「胃が痛い」「ひさが痛い」「頭が痛い」など、患部にばかり意識がいってしまいがちです。

しかし体の異常は、患部だけで起こっているわけではありません。たとえば肩こりの場合、肩をもめば一時的にラクになりますが、翌日にはなぜかぶりかえしてしまう・・・。

これは多くの人が経験していることではないのでしょうか。

肩がこったのに、肩をもんでも治らない。その理由は、真の原因が肩以外にあるケースが多いからなのです。

肩こりは、肩から首にかけての筋肉が緊張し、血行が悪くなって起こる症状で、突然発症するものではありません。だから肩をもんでも、根本原因が肩の筋肉を再び緊張させ、すぐに痛みが襲ってくるのです。

多くの病気や不調も、しくみはこれと同じ。異常を生む根本原因が、不調箇所以外にもあります。それを取り除かないかぎり、患部には負担がかかりっぱなし。だから、いつまでたっても治らないのです。

 

なのでその箇所だけではなく、全身しっかりほぐし、リンパをば流す事をおススメします!!

 

以上☆病気、不調がなかなか治らない理由☆でした!!

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます