最近では、野菜こそが健康の源であり、油や肉、炭水化物は控えめに、といわれることが多いようです。野菜には、確かにビタミンやミネラルを中心にさまざまな栄養素が含まれています。しかし、野菜だけを摂るのは間違いです。

 

基本的に、野菜はエネルギーとはなりません。エネルギーとならない野菜や果物だけを摂っていても、体を壊してしまいます。

 

また、ビタミンやミネラルが体に吸収されるには、タンパク質が必要になります。つまり、野菜に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかり摂取するには、タンパク質を多く含む肉や魚も一緒に摂ることが必要になるのです。

 

人間の体は、ほとんどがタンパク質でできています。肌や髪、臓器などはタンパク質で維持されています。特に筋肉にはタンパク質が多くあります。肉や魚を摂らず、タンパク質が欠乏してくると、体の機能としては、骨格筋を分解してアミノ酸にして肝臓に送り、生きるために必要な場所に送られます。そうなると骨格筋が髪や肌、血液などを維持する素材にされてしまうため、筋肉の量が減ってしまうのです。骨格筋は人の体重の約半分を占めるので、素材となる分、体重は減少しますが、これは本当の意味で痩せたことにはなりません。

 

野菜ばかり食べるダイエットをして1週間もすると、大きく体重が減ります。しかし、それ以降に同じことをしても、脂肪を燃焼させる筋肉がないので活動代謝は悪くなり、逆に体重は落ちなくなります。つまり、かえって痩せにくくなってリバウンドしてしまうのです。だからこそ、野菜だけのダイエットは効果がないのです。

 

健康維持とダイエットを効率よく行うために、野菜だけでなく、タンパク質を多く含む肉や魚、あるいは大豆も食べるようにしましょう。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

以上☆タンパク質を摂ることがダイエットの秘訣☆でした!!