みなさんは、食事にどのくらい時間をかけていますか?日々時間に追われ、少ない時間で慌てて食事を摂ってい

ませんか?

 

食事をゆっくり食べることはとても大切です。「早食い」はダイエットにももちろん、健康のためにもよくあり

ません。

 

なぜなら、ゆっくり食べることで、血糖値の上昇が穏やかになり、太りにくくなるからです。

 

血液中の血糖値が約110mg/dℓ以上あるとインシュリンが体内に分泌されます。このインシュリンは糖を中

性脂肪に変えて、脂肪細胞にためこんでしまいます。これが「太る」ということなのです。

 

このインシュリンを活発に働かせないようにするには、なだらかに上昇させる状態にすることが必要になりま

す。したがって、仮に同じ量の食事をするのであっても、ゆっくり食べていれば、血糖値の急上昇は抑えられ、食

べすぎも防げ、太りにくくなるのです。

 

人間の脳が満腹を感じるポイントは2つあり、ひとつは血糖値の上昇、もうひとつは胃の体積が大きくなること

です。

 

通常、血糖値の上昇には少なくとも20分ほどかかります。仮に20分以内で食事を終わらせてしまうと、満腹

感を得る前に食べ過ぎを起こしてしまうことが多く、また、血糖値の上昇も急激なものになってしまいます。せめ

て30~40分ほど時間をかけるだけでも、血糖値の上昇もゆるやかになり、ダイエットにつながるのです。

 

ちなみに、ゆっくり食事をすることには、糖尿病のリスクを避けることにもつながります。一部の糖尿病を除い

て糖尿病の原因は生活習慣病ですが、運動不足やカロリーの過多より、「早食い」をやめることのほうが、糖尿病

のリスクを下げることにつながります。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

以上☆ゆっくり食べたほうがダイエットにつながる☆でした!!