筋肉は白筋(アウターマッスル)と赤筋(インナーマッスル)の2種類で構成されています。

白筋は速筋ともいわれ、体の表面近くにあるアウターマッスルに多く存在します。酸素を蓄える赤色をしたミオグロビンが少なく、白い色をしているので”白筋”と呼ばれています。

白筋は、速く伸び縮みをし、瞬発力にすぐれたパワー型筋肉です。持久力には欠けていますが、瞬発的に大きな力を出す特質から、短距離選手やウエイトリフティングなどでは、この白筋が活躍します。日常生活で荷物を持ち上げる時にも、白筋が働いています。

運動をすると、筋肉の細胞中にあるミトコンドリアが酸素を取り込んで、エネルギーをつくり出していきますが、白筋はミトコンドリアを少量しか持ちません。そのため白筋は無酸素でも燃焼できるブドウ糖をエネルギー源としています。

 

「マラソン イラスト」の画像検索結果

 

 

以上「白筋と赤筋 その違いとは?①」でした☆