「リンパマッサージ」という言葉はよく聞くけど、実際、リンパって何?体のどこにあるの?って思う人はたくさんいると思います!

そこで今日は基本的なリンパの説明を簡単にお話したいと思います★

血液が流れる血管が体内に張りめぐらされているように、私たちの体の中には、血管に沿ってリンパ管が網の目のように張りめぐらされています。

リンパ管は、川の源流のように、細いリンパ管が幾度となく合流を繰り返し、太いリンパ管になります。リンパ液はそのリンパ管を通って流れます。リンパ管は、血管からしみ出した栄養源(血漿)を回収する役目がありますが、回収する際、一緒に老廃物や細菌などの有害物質も入ってくるので、「リンパ節」がそのフィルターの役目をしています。その一方、異物から体を守る免疫のリーダーであるリンパ球もここでつくられています。

手や足などから出発し、合流を重ねてきたリンパ液は、体の奥にある深部リンパ管に入ります。その都度、リンパ節を通ることで異物がろ過されて浄化され、太いリンパ本幹へと合流し、鎖骨下の静脈角から心臓に入ります。

 簡単にお話しましたが、少しわかりましたか?
リンパは奥が深いので、少しずつでもいいので知ってもらえたらうれしいです★
以上「リンパって何?」でした☆